2016年05月05日

停波

いやー 

まいった。まいった。


我々の業務無線機

古くなって、遂にお役ご免!


したがって、 入れ替えの間、しばらく無線営業が不可能となる。



新型無線機に入れ替わるまでは仕方ないとしても、
問題は入れ替えに伴う、タイムラグ


入れ替え期間中、全波千数百台の配車を止める訳にもいかないので、
とりあえず半分だけ止める。

それが4波と5波となった。



ちなみに、

私のは4波なので、2週間ほど停波となる。
つまり、2週間もの長きにわたり、無線営業ができない。



致命的な出来事だ。


飛び道具なしでの営業となり、丸腰で敵地に向かうに等しい。

2週間の武装解除は法人時代も、含め、前代未聞。


全く未知なる展開に直面した。


どーしてよいのか、さっぱり分からないし、
何より勤労意欲がなくなった。



停波初日は試しに出てみたが、
配車登録しようとしても、受け付けてももらえない。

2musen-end.jpg



musen-end1 .jpg



私は仕事を受けつけない。

つか、車の運転すら面倒だったので、

付け待ち専門。



まぐれ当たりもあり、意外とできたが、
無線がないと、つまらない。



しばらく、休みがちになりそうです。



とほほ
posted by gbw at 02:16| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

テレビの力


連休は長野に行って参りました。

メインは湯治ですが、まぁー。

色々と驚いた。


最終目標は小諸市。
とは言え、急ぐ旅でもないので、大河ドラマ「真田丸」でお馴染みの、
岩櫃城(いわびつじょう)に寄ってみた。

  
[ここに地図が表示されます]



関越道を伊香保で下りて大きく迂回して進行し、到着するも、
驚いたことに、駐車場は一杯。

乱立する真新しい看板。真田丸の文字が踊る。
さらに新たな案内看板の基礎工事をやっていた。

もちろん人だらけ。

テレビの力を実感した。

komoro2016-1.jpg

大河ドラマに取り上げられる前はさっぱりだったに違いないが、
今回は軽めにスルーした。



真田道を上田方面に西進、
鳥居峠頂上付近の路外に残る積雪に驚きつつ、
峠を越えて長野県入り。


小諸の手前に、真田の里を通過する際に真田本城下を通る。

以前、行った事があるが、当時は全く人気がなかった。

二の丸はクロちゃんの運動場状態で、放牧三昧だった事を思い出したが、
今回は岩櫃城同様、混雑してるに違いない。

と、容易に想像てきたが、実際は想像を越えた。


入り口にはガードマンが待機し、車両整理をしていた。
本当におどろいた。
お金を落とす要素が、まるでない車の整理をするガードマンの人件費は
どこが負担するのだろうか?


もちろんスルー



今回、一番に驚いたのが、日没後の冷え込み。

夜の散歩も寒かったが、朝の散歩は氷点下たった。
東京から僅か百数十キロだが、全く違う。

正直、堪えたが、涌き出る湧水から立ち上る水蒸気を見て、
お湯かな?と、興味が湧き、
思わず手を入れたら水だった。
しかし、冷たくない。感動した。



最終日、よく立ち寄る小諸城。 には寄った。

komoro2016-2.jpg

お土産売り場には真田丸の文字が踊る。


それでも、今まででよりは人が多いのは間違いない印象。 ではありましたが、
本丸裏の馬場ではクロちゃんの放牧に成功。

komoro2016-3.jpg

ネットに押されっばなしのテレビだけど、出来の良い制作力さえ発揮できれば、
まだまだテレビの力は健在だ。
posted by gbw at 07:18| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

伝説の配車



伝説の配車
なんてのがある。


成田往復とか、横須賀往復とか、
又は毎年何月第三週か第四週に数十台の注文がある。とか、
とにかく珍しい配車。


距離もそうですが、何より希少価値が問われ、
なかなか狙っては受けにくい配車。



そんなのが伝説になる。




そんな希少な伝説配車の一つを、
先週の金曜日、中央区某所で受けたのだった。

噂は聞いていたので、配車になった瞬間、ピンときた。

同じ配車先のビルで、行き先は毎回、千葉県「五井」の某ホテル

配車後、なかなか乗られないので、メーター料金がスタート前から相当あがる等、
色々な情報は把握していたが、実際に配車になったのは初めてだった。



最大の特徴は何台呼んでも、全て行き先が同じだと言う点。
  つまり五井

この日は七台配車だったが、やはり全車おなじ行き先だった。

全て同じ行き先だと、
何台目に到着しようが、関係ない安心感はある。

goi-2016.jpg

景気がよいお客様に違いない。
posted by gbw at 06:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする