2016年04月05日

何しよう。




いやーーーー。

昨日

なにげに運行前点検していたら、ラジエターのリザーブタンクが空に近い状況を確認。
数ヶ月前にラジエターを交換したばかりなだけに、些かショック!


大事なければいーのにな、、、


と、案じつつ冷却水を補充して組合へ。



漏れはどーか?



と、タンクを見ると見た感じは大丈夫そう。


しかし、冷却水特有の臭いがした。


リークしている。


確信に至り、日産へ


診断結果はラジエターではなく、シリンダー裏にあるホースとホースのジョイント部の
プラッチックの経年劣化により、亀裂した隙間部からのリークだった。



交換しかないが、部品の納期は明後日。


流出量は微量であるので、明後日まで「見なかった事にしよう。」


と、一瞬考えたものの、信頼できるサービスの方の言葉で留まった。

サービス
「この部品は一旦崩壊が始まると短い時間で必ず壊れる。つまり亀裂が破裂に至り、破裂した場合、
 瞬時に大量の冷却水が噴きだし、大変な事になる。」と、言われ運休を決意。

ekimore2016-1-thumbnail2[1].jpg

 なるほど。


高速上で大量流出となると、 蒸気で視界も厳しい中、本線上での緊急路肩回避行動となる。

休んで正解だな。と、人の言う事に耳を傾ける私はすぐに納得しました。



あんな思いはしたくないから。
j31 ラジエター損傷
http://members3.jcom.home.ne.jp/kojintaxi-tokyo/seibidesu/rajiana2012.html

しかし、FUGAの留守中 、、


何しよう。


posted by gbw at 00:34| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 整備記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
”部品の納期は明後日”で、それまで運休とは悲しいですね。
しかし、運行前点検は、大事ですね。
Posted by ゴマちゃん at 2016年04月05日 13:56
そうですね。
点検を怠り、遠方でエンコするのが最悪のシナリオです。
事なきをえました。^^
Posted by gbw at 2016年04月06日 03:29
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。