2015年10月19日

正念場

三週間に一回
床屋さんに通ってます。

先日は床屋さん帰りに銚子丸で夕食調達のミッションがあったし、
何より道路、駐車場事情等の悪い土曜日だった為、
機動性の低い四輪車での進行は面倒くさくなった。

なら…


と、アクシスで。進行した。


スタートした直後


タイヤの空気圧低下に気がつきました。

しかも前後
susi-1.jpg

気がついたら夏は終わり、気温は随分と低下した。
その気候変動による空気密度低下による減少に違いない。


なんて考えながら最寄りのガソリンスタンドへ直行し、エア補給完了。
前後とも信じられない数値(1キロ以下)で愕然としたが
床屋へは予約時間5分前に入店。

当初、プチトラブルに見舞われたものの、主目的は順調に推移。

とにかく季節の変わり目は、タイヤの空気圧に気を配りたい。



帰路
銚子丸で調達後、誤算に気がつく。


寿司をバイクで運ぶには無理がある事を思い出した。
今回のサイズに限らず、積載自体が困難なのだ。
susi-3.jpg
バイクでの運搬は(Standard gravity )との戦いだ。
路面からの突き上げによる上下

二輪、特に原付バイクのサスペンションは四輪車と比較にならないほど貧弱な構造だ。 そして硬い!

ドンドン突き上げられて寿司は転げまわることになるだろう。
そして原型が崩れ、遂には崩壊するだろう。


また、コーナーリング時の遠心力に伴う横
左右に振られると寿司が転がる。

そして、バイク特有のコーナリングはできない。
曲がりながら車体を傾斜させると容器の一方向へ寿司が集まってしまうので、垂直状態を維持して曲がるしかない。

上記の実情から車幅制限を無視した「ハンドルチョン掛け走法」しか選択肢はなかった。

路面状態にもよるが、輸送達成速度は15キロ(1h)前後と査定
良好の路面でも20キロ以上だと不意な減速Gに対応できない。


家まで2キロ程度でしたが、いやー緊張しました。
おそらく今年最大の正念場 だった。

susi-2.jpg


posted by gbw at 04:38| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お客様をお乗せしていても、コーナーリング時の横Gには気をつけます。
お客様によっては、ブレーキィング時の前後Gが嫌いで、狭い道では無く広い道でユッタリのルートを選択される方もおられます。
G;難しい運転テクニックです。
Posted by ゴマちゃん at 2015年10月19日 20:37
実車中は気を使いましfが、
特に見るからにお酒が弱そうな方等、
決壊被害を受けたくないので気をつけてます。
限りなく0gが目標ですが、難しい、、、、^^;
Posted by GBW at 2015年10月20日 18:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。